モダン禁止改定

久々に更新してみました(
あんまり更新する頻度も少なく、見てる人すらいるのか怪しいブログですがまあチラ裏みたいなもんなのでそのへんは気にしないでください。

さて、本日モダン及びpauperで禁止改定がでました。1つずつ見ていきます

≪花盛りの夏/Summer Bloom≫



緑でたまにある土地のターン1枚制限ルールを破るカード。そのソーサリー版で、探検と違って1ドローはつかない代わりに3枚も追加で置ける爆発力が魅力のカード。
ブルームランプと呼ぶべき超加速デッキの名を冠するキーカードだったり、トロンを2ターンで揃えるブルームトロンなどでも使用されていましたが、禁止となりました。

理由についてはWotCの見解通りですね。
精力の護符を軸とした「アミュレットブルーム」デッキがアミュレットさえ初手にあれば(他のハンドもつよくないといけないのでほぼないとはいえ)最速で1キル可能、実質2キル3キルともいうべきマナ加速からのほぼ勝ち確までいけるレベルまで安定して繋がることが、モダンの健全さの基準である「安定して3ターン内でのキルが可能」という基準にひっかかっているのでは、という声はよく上がってましたし。
その上で、精力の護符自体と花盛りの夏のどちらを禁止するかとなった場合、今後のコンボの登場やアミュレットというデッキタイプの保護を考えると花盛りの夏を禁止、となるのは致し方ないかなーと感じますね。
まだ同様のパーツとして梓がいますが、彼女では2ターン目にでても探検込み5マナがほぼ限界ですのでタイタンに繋いで勝ちまでは厳しいかと思います。
3ターン内でのキルはまだ全然可能ではあるとはいえ、この禁止でアミュレットデッキ自体は大幅に弱体化されるのではないでしょうか。


≪欠片の双子/Splinter Twin≫



ご存知モダンのコンボの顔、欠片の双子ですがついに禁止となりました。
上述の通り、モダンの安定キルターンは4以上であると言った時に真っ先に例に上がるのがこのデッキだと思ってます。
ただ、やはりコンボパーツの条件の緩さからくるデッキの自由度の高さが良かったというべきなのか悪かったというべきなのか、青赤を基調としてt黒したグリクシスツイン、t緑したタルモツインなどが結果を残しており、またその色の選択をする上で双子デッキを選ばない理由を考えないといけないくらいには逆にデッキ選択の幅を狭めるほどのお手軽な勝ち手段となっていたのが仇となり今回禁止となりました。
なるべくデッキタイプを潰さないように禁止をかける傾向はあったのですが、さすがにこれに関しては大元を潰さないと解決されない問題だと判断されたのは仕方ないかと思います。


この禁止改定でどうなるか、というのがモダンプレイヤーの頭の抱えどころなわけですが、まずコンボデッキが2つ消えたことにより、コンボが苦手だったカンパニー系やトロンが隆盛するのではないか、と個人的には考えていたり。盤面の制圧する強みができたと意味でアブザンカンパニーは個人的には今後の動向が気になるところ。
UR系デッキは双子禁止で新たな方向に舵を切る必要がありますが、OGWでも2マナ1/3速攻飛行果敢とか何を考えてるのかよくわからない生物もでてきますしデルバー系のバーンなどが帰ってくるかなとは思います。一応まだキキジキからの無限ルートが残ってるのでキキアラートなんかが結果を残してくれると面白いなと思ったりしてます。
また上記の通りアブザンやトロンが溢れるなら血染めの月、大爆発の魔道士、広がりゆく海と言った色事故を起こしたり特殊土地を割るカードの力も相対的に上がるのでそのあたりのサイドないしメインからのメタ枠のその対策にも注目していきたいところです。
あとは新興勢力といいながらもはや一大旋風を巻き起こしているエルドラージデッキですね。OGWでさらに強化されたので、今後どこまで環境に食い込めるかを見ていきたいところ。ただ、あれ今でもわりと盤面制圧に忘却蒔きからランプとやりたい放題して頭角を現しているのに、OGWで超強化されて環境支配していろいろ禁止食らわないか、少しというかかなり心配してます。親和のせいで禁止食らってるアーティファクトランドよろしく、エルドラージの寺院とウギンの目禁止とかは草も生えないんでやめよう(


ざっくりとした感想はこんな感じで。
来月には2つほどモダンデッキを作成するつもりなので、できたら更新したいかな(
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼翠@無理ンゴ

Author:蒼翠@無理ンゴ
HN:蒼翠(そーすい)
好物:エロゲ、ave;new、榊原ゆい

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる